医療において病気の予防は重要である

医療において、病気の予防は重要になってきます。
病気を発症するというのは誰でも起こる事です。
しかし、予防をしているかどうかによってその病気の発症リスクが違ってきます。
例えば肺がんの場合は、タバコを吸わない、空気が悪い所には行かないなどの予防をしていると肺がんになるリスクを軽減する事ができます。
病気になってしまいますと、治療費も必要になりますし、完治しにくい病気もありますので、まずは予防を徹底して行うというのが必須になってきます。
すべての病気の予防をしていくのは大変ですけど、できる限り多くの病気の予防をしていくだけでも、その人の病気の発症率は低下してきます。
まずは、身近に発症しやすい病気の予防をしていくようにします。
例えばウイルス性の病気であったり、生活習慣病になってきます。
多くの病気は、予防をしていく事によって発症する可能性が下がりますので、自分自身の病気の予防意識を高めるようにしていく事が医療において大事です。